Nazomem

謎をなぞっていくブログ

映画プリキュア、リーマン4人を啓蒙し映画館へ

他人にオススメする際のポイントを3点にまとめる。

前提

好きなのは自分だけだった。1
ほかの人はプリキュアを一人たりとも知らなかった。そりゃそうだ
(一人だけリアルタイムで黒白、SS時代を見てた!)



勇気を出してプリキュア映画行こうと言ったら、もちろんのことながら最初は冗談だと流される。



年齢は近いとはいえ知り合って間もない。カミングアウトして大丈夫か2という気持ちもあったがその点は暖かかった。(?)



こんなチャンスはない!と感じて、ヒカれながらもなんとかして説得にかかる。 もしかしたら自分の必死さ、周りの気遣い、プリキュアに携わっている制作陣の皆さんのおかげかもしれないが、



無事行動に移すことができたポイントを、整理した。

説得ポイント

思い出作りにいい、SNSでは味わえない体験

海外に行く、ゴルフに行く、夜の街に行く、、、

いろんな楽しみはあるかもしれないが、そうはいってもなかなかプリキュア映画は思い出に残りそうなものだ。

いつか娘ができたりできなかったりした時、あ、そういえばアイツらといったな...という感慨に耽ることもあるかもしれない。

私が誘ったので、いざというときの言い訳にもなる。(誘われたから...というやつ)

ほんとうはちびっこたちがいる中後ろでこっそり見るのが臨場感があってもっといいんだけど、今回は予定が合わず業後深夜に見た。

多様性という価値観を育む

やはり偏見がある。大きいお友達への抵抗感。自分も見る前はあった。

しかし経験した後は霧が晴れたように視野が広がった。壁を越えたのでは。仲間入り

男女とか大人子供とかアニメとかくだらないことにこだわらないようにしたい。

コンテンツの魅力がある

今回は15周年だったので尚更、、3DCGがド派手なところも推せる。

クレヨンしんちゃんドラえもんと同レベルなので全然楽しい。

ストーリーやキャラを知らなくても適当な感じで見れるところが良いと思う。

(と思ったらうしろのおじさんは泣いていた。自分も鳥肌立っていた。)



「私のなりたい、野乃はなじゃない...!!」からの覚醒がバチクソかっこよかった。









改めていっしょに行けて感謝ですね。

心残りとしては、コール&レスポンスがある際に叫ぶことができなかったこと。

深夜だから大人しかいなかったので静かだったが、声出せばよかったな。まだまだピンクのような勇気が足りない。




  1. 自分が好きな理由もちょっと分析が甘い?EDの3DCG、歌、純真なアツイ展開が好き

  2. ここに書くのもオイオイ大丈夫か…という気持ちはあるが…「恥は書き捨て役に立つ」みたいなタイトルのドラマの精神で書く。

伝わらないレヴュースタァライトのつたないレビュー

ヒップホップが好きな自分に刺さる要素があった。

刺さった点
  • 歌に「自分」を乗せる

  • 始まる前に名乗り上げる

  • 歌と表現で戦う(ラップバトル)、掛け合い(マイクリレー)

  • 歌と場面をリンクさせる




2018年、ブシロードから一つのアニメが放送された。

メディアミックスと謳っているが、舞台がスタートというのは珍しい。 アニメでは舞台×バトルという中で歌いながら話を進めていった。

その中でも自分はレヴューというシステムが刺さった。

ここでは、『舞台少女』という言葉を使う。(言葉通りだが恐らく意味合いは深い...以下略)


歌に「自分」を乗せる

ラッパーならある程度は自分のことを歌いあげる必要がある。 主観視点、生きざまあっての曲がメインだ。

言い換えれば、属人性(この人にしか歌えないな感)が高いことが望ましい。

舞台少女も個々のやりたいことを歌っているので、主観視点になりやすい。

するとこの曲に共感する、のではなくて歌手の視点になる、ように聞くことができる。



始まる前に名乗り上げる

名乗り。 よくラッパーは最初に自分の名前や所属、キメ台詞をいう。 オレが歌ってんだ!と表明しているのだ。ブランディング

これによって「言いたいことあるんだな」と主観的な感覚になる。

舞台少女も最初に名乗ってスタートなので、始まるぞ~と前のめりでみられる。



歌と表現で戦う(ラップバトル)、掛け合い(マイクリレー)

アツいほうが勝ち、という単純明快バトル。 視聴者も納得の勝敗が毎回ついていく。

舞台なので、互いに順番に歌い、曲調の変化も大きい。

個人的に一推しの天堂真矢だけは、音源を聞かせてやるよというスタンスだったのでラッパーというよりビヨンセな感じかもしれない。



歌と場面をリンクさせる

フィルムスコアリングという手法で作られているため、映像に合わせて音や歌が鳴る。 歌詞や曲のタイミングがちょうどよいことはそれだけで作品として良い。

スタッフの努力の賜物。 歌詞を後から映像につけていくというのは想像しただけでもすごい。

これだけ別にヒップホップではないように思えるが、 ヒップホップは文脈の音楽なので、時代や人間関係、その時流行ったカルチャーが重要なのだ。(こじつけ)





音楽自体も舞台仕様のため、アニソンっぽさが薄いものが多い。 アニメ、アイドル、声優の文脈から少しだけ外れているためこういう取り組みができるのかもしれない。

いろんな魅力はあると思うが、 これだ!と思って見始めたきっかけは、
第三話のThis is 天堂真矢。
だまされたと思って「誇りのレビュー」をみてください。

好きなところ
  • This is 天堂真矢

  • すこしだけ韻を踏んでいる

    誇りと驕り
    数多の光 集めて今 あなたのこころに届けましょう
    より高く より輝く

  • 高いところや食べることが好きなところ

  • 歌がうまい



2期の舞台観にいって歌うまいー殺陣面白いー南風涼かわいいーという気持ちとともに。 語ってるがメインの客層じゃない気がしてきた。百合

www.m-on.press

アイマスの作曲者の担当になっちゃうよ

クレイジークレイジーいい曲ですね。

この前iTunesランキングで上位を寡占していたので早速いろいろ購入した。

アイドルマスターはにわかどころか外様なんだけど、(キャラの名前が結構わからないし課金額は曲のみ) 二人の作曲者の曲+αはチェックしている。

クラブミュージックやロック?系好きは是非。


イノウエタク

BNSI辞めてしまったが最強。

当時Pon De Beachというレゲエ+ドラムンベース+ハウスな曲を出したときは、

オイオイオイ我那覇響?名前覚えたからな~ってなった。

www.youtube.com

そして今はフューチャーベース道1を突き進んでいるのでこのままバチバチに行ってほしいですね。



睦月周平

ギター曲が鉄板。 ∀nswer本当に好き。1番PV再生した。

ミリマスの深層マーメイドや、あそびあそばせのEDなど綺麗なギターのバッキングをつくると思う。 録音と打ち込みのマスタリングのバランスがよいのか?


リトルリドルみたいなのも出してくるためカワイさも持ち合わせている。(ちょっとCalifornia Girlっぽくて◎) 今期プ〇キュアEDはとくにノリノリでよかった。






アニメ・ゲーム系の作曲者はすごい人ばっかりなので、すごいなぁという感想。(ゲームは日本の歴史が物語ってる、例えばXevious
もっと漁りたい。

マリオの1面曲はヒップホップなので、ラップもどんどん増えてほしい。



ふぁんしーいんだはうす。2

www.youtube.com


  1. 秘密のトワレ(Remix)、さよならアンドロメダ、などなど…

  2. とはいえEMINEMMac Millerばっかり聞いている。

夏フェスで見たラッパーに感動した感想

洋楽と邦楽が入り乱れる2大夏フェス、フジロックサマソニに行った感想まとめ。
お金がキツいのでどちらも一日だけ。



見に行ったライブ

フジロック2日目(土曜)
サマソニ2日目(日曜)




今年の夏はアツいということは冬が終わるころからわかっていた。


それはKendrick RamarChance the Rapper1が来るからだ。

(以下ケンドリックラマーチャンスザラッパー


ここで誰やねんってなってる人は、今すぐ名前だけでも覚えて帰ったほうがいい。


この二人は、海で言えばシャチとイルカぐらいだ。
サメやマグロになろうとしてるラッパーは多いが、このへんを目指す哺乳類(魚類)はいない。


それぐらいオリジナルだ。

それが隅田川に現れるなんて!!という感動があった。




語弊があるといけないからわかりやすく言うと、 将棋の羽生さんと藤井くんみたいな感じ。でも周りのラッパーはチェスやボクシングで戦っているみたいな。

はい。

ラッパーの比較

二人の何がすごいかは、まとめて2つ。

  • ラップが耳に残り、音楽性が既存の枠よりも自由

  • ヒップホップ以外の話でも顔をだすほどインパクトがある2



やっぱり他に似てるタイプがいないってのが大きいですね。真似できない。 歌詞にもテーマ性があって、




ケンドリックラマーは、
「ヤバすぎるオレ」「でも人生はクソ」「おまえらはどうだ」「生きるぞ」
とカッコよくも共感を呼ぶタイプで、

チャンスザラッパーは、
「親、ばあちゃんや周りの人、神に感謝」「ラブ&ピース」「苦あれば楽あり」
といった勇気がもらえるタイプ。


2018夏に日本で見たライブも、

一方は、カッコよさを前面に出し、途中で謎のカンフーバカ一代3を挟みながらもスター性を惜しみなく振るったケンドリックラマー

もう一方は、聴衆とかたくなに一緒に歌おうとして最後の最後に大合唱でおっしゃ!といった表情を見せたチャンスザラッパー



二人のステージは対照的ながらも、どちらも素晴らしいパフォーマンスだったと思う。



二人ともいまのヒップホップの王道からは外れていることが功を奏して、日本でも好感度高め?なのではないだろうか。

なかなか普通のオラオラも難しい4。こっちも一介の町人なので...生い立ちは重ねられない。




他に見て良かったアーティスト

フジロック

SkrillexPUNPEEThe Avalanches、最奥地のテントで踊るアーティスト&DJの皆さん

サマソニ

BAND-MAID、Higher Brothers、Tom Misch、Jess Glynne、Paramore、野外でのDJ YonYon



どれも夏の思い出になった。見たいのが同じ時間に被りすぎ。

音楽リンク5

A.D.H.D.

A.D.H.D.

  • ケンドリック・ラマー
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥250

Alright

Alright

  • ケンドリック・ラマー
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥250

No Problem (feat. Lil Wayne & 2 Chainz)

No Problem (feat. Lil Wayne & 2 Chainz)

  • チャンス・ザ・ラッパー
  • ヒップホップ/ラップ



良記事。

playatuner.com




  1. 変換すると、いつも”チャンス座ラッパー” になる。誤変換もほっこり。

  2. それぞれピュリッツァー賞獲得(ジャーナリズム)、無料ダウンロードの先駆け、などなど

  3. なんでもあり。突然の下ネタは笑った。

  4. でも2Pacやサウスから聞き始めたので生まれや育ちは関係ない多分。

  5. ADHD一回でいいから生で聴きたい。

Otakuはヒップホップの夢を見るか?


近年、ヒップホップのお茶の間への進出が目ざましい。
それもフリースタイルダンジョンの影響が大きいことは感じる。
(だけなのかはわからない、世界的にもナウなヤングに流行っている。)

一方で日本では、オタク文化というアツい壁が待っている。
果たしてここがミックスするのか、それとも強く残ったままになるのか。

お互いの矜持があって一緒にすんな!という風潮はありそう。

…と思っていたが、
2018ここ最近まぜまぜのものが巷に出てきているのでCheck it outした。
文化をかじりつつ、アニメ調にあわせつつというところか。

ヒプノシスマイク


ペンは剣よりヒプノシスマイク。
女性に人気のコンテンツ。アイドルっぽいが声優なのでラップが上手い。
曲はヒップホップっぽくないのもあるがぽいのもあるので気長に。
山田一郎(ジャイアンの声の人、平成のほう)好き。


横浜


1990年代がモチーフなんだろうか。
サ上(サイプレス上野)の歌詞がでてくるとすぐにわかるので笑う。

Notorius Big?(違う)

www.youtube.com


ヒプノシスマイク「BAYSIDE M.T.C」 / ヨコハマ・ディビジョンの3曲目がまんまsnoop doggで笑った。

渋谷


www.youtube.com

うーんおしゃれ。声が高い。

作曲者らのAvec Avecは界隈では有名。だと思う。


ミソジニー問題で一瞬燃えていたが、実際ヒップホップとオタクは悪い意味で相性がいい。
アメリカでも問題になっているのでなんとかなってほしいですね。 下のブログは含蓄があった。 caughtacold.hatenablog.com

KMNZ


かわいい。2人組。
リタちゃんはもともと渋谷か下北で音楽活動をやっていた?そんな感じの声。 いかつい声もだしてくれ~

www.youtube.com

なんとUjico/Snail’s houseが楽曲提供。
Spotifyで日本人アーティスト9位なので、知らない人は今すぐ聞いてほしい。

Ujico/Snail’s houseは基本的に歌がなく、kawaii future bassでエモエモのエモ。







メリケンラップと日本ラップはインドカレーとカレーライスのようなものだと認識しているので、どっちも食っていきたい。

ギャングスタや本場の味はBad HopやLick Gで見せつけていってくれって感じだ。benjazzyのフロウ好き。



ラップやっていきたいけど3Dモデリング1に苦戦している夏。Vカツ!使った方がいいのかな…。
Vtuberだとミソシタ氏の路線がすき。


  1. 関係ないのだがバ受肉したい。