Nazomem

謎をなぞっていくブログ

『イノベーション』をふわっと理解する本

イノベーション』って具体的にいうと結局何?

と疑問に思った我々はその謎を解き明かすべく、Amazonの奥地へと向かった。

しかし『イノベーション』ってタイトルに入ってる本が関係するとも限らない。

ではイノベーターが勧めている書籍の中に、ヒントが隠されているのでは!




導入終了。 ということで今まで読んだ中で有名な人が勧めてて評判も良く、かつ自分でも今まで読んできてイノベーションに関係あるのではという本を読み直した。勧めてたのが誰だったかは覚えていないが飲み屋で会った社長とかではない。 全部ありきたりだがそれほど感銘を受けた本を載せる。

黙ってシュンペーターの本を読むのがいいのだが…難しい漢字が多すぎ

イノベーションのジレンマ

イノベーションのジレンマ―技術革新が巨大企業を滅ぼすとき (Harvard business school press)

イノベーションのジレンマ―技術革新が巨大企業を滅ぼすとき (Harvard business school press)

持続的イノベーションと破壊的イノベーションについて実際の事例を用いながら説明。 これを読むと新興企業のチャンスも存在しているんだなということがわかる。 実際にGAFAMは内部外部でゴリゴリ破壊的イノベーションを自主的に行なっているから恐ろしい。

Zero to One

ゼロ・トゥ・ワン 君はゼロから何を生み出せるか

ゼロ・トゥ・ワン 君はゼロから何を生み出せるか

主張がアツい。 筆者自身がイノベーターで、他の自伝などとは桁違いの圧がある。ただの逆張りでもない。 頭でわかっても実践できなさそうなこと、知力だけでなく肝っ玉や嗅覚が違うんだと感じた。

コンテナ物語

コンテナ物語―世界を変えたのは「箱」の発明だった

コンテナ物語―世界を変えたのは「箱」の発明だった

コンテナという一技術に着目して業界の変化や規制、複数企業の栄枯盛衰をまとめている。 技術、市場、制度がかけ合わさって業界全体が成長するということがわかる。コンテナ業界といっても少なくとも10年見ないと始まらない時間感覚かぁ。 こういう一技術に特化してその周囲を歴史とともに……という形式は面白い。

銃・病原菌・鉄(上)(下)

下のブログでも書いたが、感染症の伝播について一時期ハマってその際に感染症ということで読んだ。

nazomem.hatenablog.com

ある意味では鉄や銃も技術革新なのでここに。 個人や一企業、一国家だけではなんともし難い力学があるのかなと。少数のプレイヤーが牽引するものでもあるけど。 地理上の位置関係(地政学)は多分に影響することがわかる。



雑な紹介だけどメモ書きなので許して。 この4冊はそれぞれのジャンルで質が高めなので、下手な定義解説よりふわっと理解できた。

でも読むだけじゃなくて、行動でイノベーションに関わる何かを起こしてかないと何も意味ないんだよなぁ…(自戒)
ブログ書いてても自己満足以外の何ものでもない。 コード書きます。

ラップにおける三連符のフロウを学ぶ

読まれてない割にアクセスを見ていると、三連符についての注目が高いかもと思い。
文章化されたものが少ないと感じたので学んだことを。

下の文は全然ブームについて語ってなくてタイトル詐欺で反省。 nazomem.hatenablog.com

三連符ラップ

「流行りのフロウ」とバトルで聞くこともあるが、それはアメリカで売れるラップがこれを多用するようになったから。 三連符はBPM1が約130のあたりに対して有効なリズム。

このBPM130あたりが近年のEDMやTrap2のリズム。
ヒップホップといえばBPM90~110が主流だった。



ここで簡単な計算をしてみる。
BPM100で4つだと、100×4=400回。一方でBPM133に3つだと133×3≈400回。
曲のテンポは異なるが、言葉の間隔は変化していないため聞き取りやすさは同じ。

また三連符を適度に混ぜることでフロウに変化がつき、アクセントにもなる。
ここまで三連符で攻めた時代は未だなかったと思うが。

昔EDMの中でFlo Ridaがやってたのを思い出す。

代表的な例

日本人だとMummy-D,KOHH,Lick-Gとかがよくやっている印象。あとBAD HOP?。
日本だと事例が少ないので有名な海外のラッパーの曲をあげていく。 大御所はめんどいので略。

Migos

ヴェルサチ(Versace)連呼してた曲おもしろかったけど全米1位の曲を。 www.youtube.com

Desiigner

何言ってるか外国人もわからないため多くの人が歌詞を検索したらしい。 Panda,Panda,Panda,Panda. 客演の曲を貼る。 www.youtube.com

Lil Uzi Vert

歌ってる感じ。若さを感じる。この曲の半ばで。 www.youtube.com

XXXTENTACION

クリッピング3ミスってない?でも最近こういうの多い。 www.youtube.com

Logic

白人とか関係なくスキルはトップクラス、変幻自在のフロウの持ち主。
この並びだと文句が出そうだが、好きなのでのせたかった。 www.youtube.com

やってみる

誰でもお手軽に三連符できるのでは!?

とりあえず3文字や6文字で強引に踏んでいく感じ。
正直しっかり踏んでなくてもそれっぽく聞こえるはず。


「中身がない」「話ばかり」こいつただの「かましたがり」〜

慣れてきたら「ん」や母音を略す。


即興じゃなけりゃ「た(い)した」ことない 「わり(ー)が」ここじゃ通用し「ないな」 「価値観」言葉「感じた」ままに 「吐き出」してく俺は「バ(イ)リ(ン)ガ(ル)」

→そのあと英語で適当に喋ると帰国子女っぽくなる

慣れたら言葉を増やしたり抜いたり伸ばしたりして崩していける。
あとは疲れたら音の隙間にyahとかahとかいう。

レッツ三連符。 新進気鋭のラッパーの気分に!



…帰国子女じゃない。バイリンガルなりたい。
あとそもそも最近の流行りってラテンかも。グライムも根強い。
フロウについても譜面に起こしたのを書きたい。図解の方がわかりやすそう。


追記(2017/9/16)

www.youtube.com

上記の動画で歴史が軽く語られている。 Bone-thugs-n-harmonyも頻繁に取り入れていたことは聞いてたのにわからんかった。 このVoxというYoutubeチャンネルは取り上げるテーマが様々で面白く、英語の勉強にもなってオススメ。


  1. BPM … Beats Per Minute. 一分間に何回拍の数があるか

  2. トラップ (音楽のジャンル) - Wikipedia

  3. 音のピーク部分が潰れること。歪む。

ミックホップを聞いとく必要性

韻を踏みたかった、一旦、深呼吸。

概要

ミックホップとは (ミックホップとは) [単語記事] - ニコニコ大百科

初音ミクを代表とするボカロでラップさせる。 なぜ今更書いてるかというと、ハチの『砂の惑星』がR指定っぽいフローで攻めて来たから本流をまとめときたいと思った。
ニコラップよりも、ヒップホップを偏愛している人が作っている印象。 ヒップホップは猿真似と言う人もいるが完全に日本オリジナル。ジャパナイズ。

いっとくが定番曲は一曲なので必読ならぬ必聴。 実力派7名。
初音ミクの証言』

www.nicovideo.jp

気になったライムとフロウの人のマイリスにでも。トラックメイカーも鬼才。
もちろん他にも試行錯誤している人は多いため検索検索。

例えばこの前KOHHはIAで(TeddyLoidの好み? )、ヤーヤー言わせていた。
KOHH - 働かずに食う(I don’t work)

www.youtube.com

面白いとは思ったけど動画が見辛い。再生回数は伸びてないので多分不評。笑
偏見だけどボカロ愛はなさそう。

懸念点

魅力をしつこく言いたくなるが、見過ごすことができない点も挙げとく。

  • 声が高い
    あまり例がないので耳に慣れるまで時間がかかる。正直低い黒人声があってもいい気もする。

  • アングラすぎ
    ニコニコ×ヒップホップというどこまでも相性の悪い二つがかけ合わさったため味方がいない。 そしてどちらの村も…

  • 曲(トラック)が今どきではない
    当然良いことでもあるが、日本の古き良きヒップホップをベースにした文化系色が強い。 黒いリズムやスカスカの音に乗せるものとかも聞いてみたい。


深層学習(Deep Learning)とやらのせいで、隠れマルコフモデルを使っているボカロではなく完全に人間に寄せた声が人工歌声として席巻する可能性がある。しかもラップは海の向こうでは大人気なため、そういった研究も進むだろう。ラップ技術としてボカロは一個飛ばしになってしまうかもしれない…。それはそれか。

参考資料
WaveNet: A Generative Model for Raw Audio | DeepMind
Deep Voice: Real-Time Neural Text-to-Speech for Production - Baidu Research

そもそも日本でヒップホップが流行ってない。
フェスですらラッパーは元が取れないため、日本にバンドやポップスしか海外から来ない問題なんとかしてくれ。

P.S.
MIC握ることもなく偉そうに書いてしまった。
ヒップホップと金◯恩で踏める。It’s a joke.

性格診断はMECEなのか; 16personalities

1年半前に行なった内容だが供養として。 個人的に気になって趣味でやってみたものなので専門家のご意見がほしいというのもある。自身はもちろん専門外。

所属していたコミュニティのメンバー20人にお願いして性格診断を1回行なってもらって結果をまとめた。 そしてこの診断での性格特性に対する相関関係を調べた。 ここに載せる許可はとってないので当然匿名。(コミュニティには当時公開した。)

16personalitiesとは

無料性格診断テスト、性格タイプ詳細説明、人間関係およびキャリアのアドバイス | 16Personalities

当時SNSで流行ってた性格診断だが、理論もそれなりにしっかりしている印象を受けた、気軽にできる、結果が数値で表れるといった点からコミュニティ内で結果をまとめると面白いのではないかと思って収集した。

ここでは性格特性として4+1分類提示されている。

  • 内向型 (I) / 外向型 (E)
    内向型 単独行動を好み、話す前に考え、他人と関わると疲労困憊する
    外向型 集団行動を好み、話しながら考え、他人と関わると元気になる

  • 現実型 (S) / 直感型 (N)
    現実型 現実主義で感覚を頼り、実際の物事に没頭、経験に注目
    直感型 想像力が豊かで直感を頼り、考えに没頭、可能性に注目

  • 感情型 (F) / 思考型 (T)
    思考型 厳格で知性に従い、客観と合理を重視する
    感情型 繊細で気持に従い、調和と協力を重視する

  • 探索型 (P) / 計画型 (J)
    計画型 決断力がある、明確なルールやガイドラインを好み、締め切りを絶対的なものと見なし、完結を求める
    探索型 即興力がある、選択肢を残しておくことを好み、リラックスしながら働き、自由を求める

パーソナリティの主要五因子と近づけるために下記の尺度を設定している。これが上記の+1の部分。

  • 慎重型 (T) / 自己主張型 (A)
    自己主張型 情緒が安定、物事に対し悩みすぎない
    慎重型 自意識が強い、人目を気にし、成功願望が強い、完璧主義者

目的

この性格診断は実際にMECEなのか?という点が気になった。MECEとは「漏れなく、ダブりなく」というものである。せっかく複数分類しているのに相関があるなら分類が未熟なのでは?と思ったため。別にMECEの必要性はないのかもしれないが…ロマンはあると思ってる。そもそも性格を分け切ることができるのかは知らない。

結果

20人の回答結果を下に示す。性格特性は中央を50として左側に行くほど0、右側に行くほど100としてある(I-Eの場合、0ならばIの特性が強く、100ならばEの特性が強い)。タイプの詳細はHPに記載されている。診断は一人1回しかやっておらず誤差があるので、特性が中央の50付近となっている場合、強い傾向はないものと考えてもらってよい。

表1. 収集データ

サンプル I-E S-N F-T P-J T-A タイプ
1 19 56 65 40 37 論理学者
2 44 78 74 20 32 討論家
3 39 78 32 22 10 仲介者
4 46 65 17 26 0 仲介者
5 74 70 17 5 36 広報運動家
6 81 68 36 10 24 広報運動家
7 16 37 71 84 34 管理者
8 1 17 40 88 3 擁護者
9 42 10 45 83 5 擁護者
10 60 31 63 52 62 幹部
11 73 13 56 80 79 幹部
12 55 30 34 60 87 領事官
13 57 37 17 80 15 領事官
14 85 14 34 63 48 領事官
15 75 5 24 61 39 領事官
16 5 19 60 29 13 巨匠
17 25 14 70 37 27 巨匠
18 73 40 78 14 83 起業家
19 92 37 22 34 46 エンターテイナー
20 88 30 43 33 12 エンターテイナー

f:id:nazomem:20170814171657p:plain:w450
図1.相関係数行列

性格特性に相関があるか調べたところ、S-NとP-Jに負の相関がやや存在する。(p-value = 0.001011, cor = -0.6783072)
念のため偏相関も出したが、他の変数をコントロールしても相関係数は-0.7であり、相関はややあると思われる。

MECEではなくN-S型とJ-P型に少し相関があるという結果がでた。
文章にすると、計画的な人は現実主義で経験に重きをおく、探索型の人は想像力が豊かで可能性に重きをおくということで、説明にも納得できる。
一応クラスター分析もやったがサンプルである本人を知らないと、誰と誰が似たグループとかわかってもどうでもいいためここには記載しない。
サイトには青が一番多いと示されていたが、確かに青が多く、紫は少なかった。

問題点

まず1人1回しか診断していない。本来ならば3回やった中央値(平均値でもいい)とかが妥当だが、1回の診断で約10分かかるので被験者の負担が大きいと思って1回で甘んじた。 実は標本に全員が男子学生である程度"お勉強"はできる方?という条件がある。そもそもサンプル数20のためこの結果は限定的かも。 有名なBig Five理論はどんな感じなのだろうか。
何か結果の解釈に致命的な問題あればコメントください。

感想

この診断を行う前から、ある友人は「あいつと俺は似てる」といっており実際にタイプが一致していてびっくりした。 また全く性格特性が正反対で非常に仲がいいといったメンバーもいた。

性格診断は眉唾物が多いが、よく知った他者と比較した上で定量化される、俯瞰してみると面白いという感想。 ちなみに私は……「起業家」でした。有名人はエディーマーフィー?……違うじゃねえか!!!

本来の起業家たちはどこ?ビルゲイツは「論理学者」でイーロンマスクは「建築家」、エジソンは「討論者」だし、他にも有名人の欄にフィクションのやつも並んでるしむちゃくちゃ。この診断の信憑性は果たして。

紫のヒト羨ま笑。

アイデア出しでアイデアは出るか


初対面に近い状態や仕事の関係でアイデアをだす状況に迫られたことはあるだろうか。 多人数におけるアイデア出し(ブレスト)では複数のルールがある。

  • イデアをたくさん出す
  • 否定しない
  • 人の意見に積極的に乗っかる
    などなど。

確かにこのルールを守ってまとめたり論理的に繋げばいいアイデアが出そう。
……と思っていた。


しかし複数回経験するうちにありきたりなものしか出ないと感じるように。
みんながいいよね〜という程度の提案は出るが見たことがあり面白みがないなぁといった感じ。 これはみんな才能の無い奴の集まりだからなのか?それとも前例知識が足りない?時間?量? 論理性があるからこそ一本道で同じ結論に行き着いてしまうのか?



思いつく原因としては例えば、アイデアを出した人は自信満々で、否定がないことで却ってイケてないものがズルズル長引くこと。 また、最初のアイデア固執して枠組みが固定化されるという懸念。


でもこういうのってアホなアイデアを論理的に構成することに面白みがあるんじゃないか? その際に一番の問題点だと感じたのは、アホ扱いを恐れる心。 見栄からくるものである。 プライドがあれば誰でも恐れを捨てることは難しいため問題は根深い。

これを解決する手法と課題3つ。

Method 1. アホ役を一人設定する。
現実的には役柄だろうとバカになりきるには才能がいる。常識力は強い。

Method 2. 実際のアホを入れる。
求めているアホさかどうかはわからない。本人の萎縮の懸念もある。

Method 3. アホと思われても気にしないメンバーでやる。
一番良い気がするがそのメンツを集めるのに苦労するし、それだけの関係性を築かなければならない。『多様性1』が失われる可能性も。

www.ted.com

上記の動画でフォロワーの存在が重要だと言うことを述べている。 だが先駆者になることへの臆病さを払拭することが難しい。桁外れの勇気とある種の才能?が必要だろう。

結論はMethod 3.が一番楽しい。正しいとはいってない。
実際に自分がアホなことを言っても真面目な場だと流される。誰か便乗して膨らませてほしいと常々思う。人任せ。
アホなだけなのか……社会の荒波には負けんぞ。


  1. 多様性があるとアイデアの鋭角度が均されてしまう一面もあるのでは?

ロックとラップとLinkin Park; ミクスチャーは辛いよ

R.I.P.

Linkin Parkは世界的バンドで、常に曲調を変えていっているバンドとしても有名。 自分は中高時代にアルバム『Meteora』(メテオラ) あたりをよく聞いていたし、最近?では『Burn it Down』などいい曲だなと思っていた。Twitterを見ているとそのメテオラ時代を懐かしむ声ばかりで、現在のLinkinParkのテイストになってファン層が大きく変化している可能性が予想される。

デビュー時からの路線変更は、ファン層の変化というリスクを伴うなと。

路線変更しがちなジャンル

ここでは、ラップやスクラッチ音が入ったバンドを「ミクスチャー(ロック)1」と表記する。実はこんなジャンルは無いんだがわかりやすいので。(和製英語。メタルかどうかはきのこたけのこ戦争みたいなもんでめんどい)

ロック×ラップはお互いの原理主義からdisられる傾向にあり、キッズしか聞かないとか言われてしまう。別にロックやヒップホップやメタル聴いてるのも等しくキッズだと思うけどね。ドヤっていいのは商業ベースに乗らないクラシック音楽ぐらいでしょ()

本人たちの意志か誹謗中傷のせいか、ミクスチャー系は大幅に路線変更することが多い。実際ミクスチャーの大流行が1990年代にあり、そこで世界的に売れたバンドたちが個々の時期は違えど少しずつ曲調を変えていった2
ミクスチャー系の特徴としてバンド構成がユニークってのもあるけど脱線するので省略。

路線変更した例

全部あげるときりがないので、路線変更した例を3つ挙げる。

Red Hot Chili Peppers

数少ないジャンル変更許されてる感あるバンド。(そんな変わってないから?)
このバンドを知ってベースを始めた。


www.youtube.com


www.youtube.com

Korn

見た目より聴きやすい。アルバムごとに重さが違う。最近はもっと爽やか。


www.youtube.com


www.youtube.com

Incubus

上二つよりは知名度低い。ボーカルはイケメン。


www.youtube.com


www.youtube.com

Limp Bizkitとかもいたね。勢いは嫌いじゃない笑
Rage Against The Machineはほぼ変えてないはず。

長くやってるんだしどんどん路線変更すればいいじゃんと気楽に構えている。変更前後は料理でいえばイタリアンか中華かみたいなものなので好みはあれ優劣はないはずだが。ファンなら心を広く持ちたい。変更後の方が今では耳に馴染むこともあるし。
どちらにせよ自分がカッコイイと感じたものは胸はって良いと言っていく。

日本だと例えばORANGE RANGEやRAD WIMPSは変えてる。
そもそも飽きられたのか知らんがロック自体が下火になっている現状では、ジャンルを多少いじっても厳しい。海外の有象無象の若いバンドを見ると、ONE OK ROCKの世界進出も大変そう。

Chester Benningtonの訃報で感傷に浸ってしまった。
当時『Numb/Encore』を聴いてからHip Hop掘るようになったので感謝。


  1. ミクスチャー・ロック - Wikipedia

  2. 原点回帰する例もよくある。

音楽ジャンルのややこしさ

音楽ジャンルがややこしいせいで、バンドもDJもリスナーも揉めがちになる。
「本当のロックとは……」とか「俺たちはEDMをやりたいわけじゃない」とか謎の議論が見受けられる。気持ちわかるけど。

Wikipediaを見てもリンクが多すぎるし、定義を見ても何が違うのかわからないジャンルも多い。 30%くらいミュージシャン、70%くらいメディアが悪い。(完全に主観)
ミュージシャン側もメディア側も商売だし新規性を追求したいので、「これはロックではない」「Hiphop×メタル×インド」などというわけわからん煽りをつけてしまう。 しかもロックのあとだからポストロックとか、新しいからニューメタルやニュージャズとかいうネーミングセンス。10年後を考えていない。

サイト紹介

ジャンルを可視化している中で一番わかりやすいと思ったサイトは下。
Musicmap | The Genealogy and History of Popular Music Genres

https://assets.media-platform.com/gizmodo/dist/images/2016/07/160712ktmusicmap02.jpg

まあこれを見ていいね!って思う人は元から詳しい人じゃないかとも思うのだが、少なくとも現代商業音楽の辿ってきた経路はつかめる。 定番として載っている曲やジャンルも一部マニアックなのは否めないが。大好きなブレイクビーツとか。

ジャンルを多次元に分布させていたサービスもみたことあるが名前なんだったかな。

そもそもの問題点

音楽ジャンルは後付けなのが問題。(コンテンツ全般にいえるか)
数学みたいに公理から広げていけるはずはないんだが、音楽の構成側から分類できるのではという考え。 基本的に『楽器の音色の種類』と『リズムパターン』でジャンル構成比を再定義できるのでは。波形から分類しても良い。
色でいうRGBとかCMYKみたいなのができたらいいね。