Nazomem

謎をなぞっていくブログ

グラミー2018感想と主要4部門の予想と振り返り

 Twitterで呟くよりは文字数が欲しいと思ったのでブログに書く。

 今年はブラックミュージシャンが多くノミネートされていて、どのメディアも衝撃と伝えている。今までヒップホップやR&B系が冷遇されてきたことの反動と言えるのではないだろうか。それだけ市場が大きくなり無視できなくなってしまったということなのだろう。昨年Adeleが受賞しても不満そうだったことからの反省かもしれない。当然Adeleも賞に値するミュージシャンだったが。白人正統派ポップスターEd Sheeranが入らなかったこともその影響を受けているのだろうか。

2018年(第60回)グラミー賞の受賞曲とノミネート(動画付き) | 小山守生

Grammys 2018: Complete list of winners and nominees

 というわけで人種問題や評論家の思惑が渦巻く賞レース。今年はどうなるのだろうか。主要4部門の予想。少なくとも対抗まで出しているので何も無くとも当てたい。

最優秀レコード賞(シングル)

本命 Kendrick Lamar 『Humble』
対抗 Luis Fonsi & Daddy Yankee feat. Justin Bieber『Despacito』

 ケンドリックラマーがとるんじゃないか、というか複数とるはずなので(このアルバムよりは前の複数枚の方が好みだが......)。ただラテン系への影響を考えると再生回数も多いし対抗の方になるかも。

最優秀楽曲賞(作詞作曲者に贈られる賞)

本命 Logic feat. Alessia Cara & Khalid『1-800-273-8255』
対抗 Luis Fonsi & Daddy Yankee feat. Justin Bieber『Despacito』

 本命は詞で感動したのと3人のバランスがよかったので。対抗はスペイン語でラテンのリズムということで国境を越えたとか流行を作ったとか意味を持たせてきそうな気がしないでもない。曲のクオリティだけだったらJay.Zの『4:44』を推したい。

最優秀アルバム賞

本命 Kendrick Lamar『Damn.』
対抗 Bruno Mars『24K Magic』

 複数受賞予想。Bruno Marsは賞レース向きではないと感じるがファンクサウンドに変えてから周りの見方が変化したように思える。Lordeはグラミー受賞者の雰囲気はあるが、このアルバムでは弱いような。Childish Gambinoのアルバムは凄く良かった。

最優秀新人賞

本命 Julia Michaels
対抗 Alessia Cara

 グラミー賞主要4部門で一番面白いカテゴリだと思う。他の部門はどうせ有名な人たちだし。 本命はグラミー賞の方々が好きそうだから。対抗は無難に。KhalidはThe weekndっぽいので今回パス。Lil Uzi Vertは好きなんだけど理由づけが難しいかな。

SZAのこの曲めちゃくちゃ好き。

www.youtube.com

雑記

 主要4部門よりも個別ジャンル部門(多すぎぃ!)に、刺さるものが転がってる場合が多いので、興味あるところを見て曲を調べると1年の抜けを補填できていい。Goldlinkは生で見に行ったのでノミネートされてて嬉しい。

このPVは知らなかったけど面白かった。 www.youtube.com



 喜多郎さん再度おめでとうございます。シルクロードの曲や長良川の『水に祈りて』はよく聞いてた。1月末に発表があるので暇つぶし程度に答え合わせしたい。向こうの事務所の力関係がわかれば日本のように事前に大方予想はつくのだろうかとはふと書いてて思った。


結果を振り返って(1/30 追記)

最優秀アルバム賞 ― Bruno Mars「24K Magic」
最優秀レコード賞 ― Bruno Mars「24K Magic」
最優秀楽曲賞   ― Bruno Mars「That’s What I Like」
最優秀新人賞   ― Alessia Cara


見事に外しました。恥ずかしい。ケンドリックラマー複数取るのはそこじゃないんや...っていう嘆きとともに言い訳。

Bruno marsの24K MAGICは、ファンクサウンドや1980年代後半のニュージャックスウィングを取り入れているので、冷静に審査員の年齢層を考えると彼がとることに全く不思議はない。

Despacitoを過大評価しまったが、ネットの影響力は加味していない、もしくはラテン系ダンスミュージックはまだNOという判断なんだろう。スペイン語圏からの圧力は今後も続きそうだが。

「ケンドリックラマー」を客観的に捉えるべきだったな。年配ウケ悪いし。 予想では完全に私情を捨てなければいけなかった。「審査員がどう選ぶか」という視点で当てに行くべきという反省を持って終了。

(エドシーラン不参加だし、グラミーあいかわらずよくわからん)